音痴を治すのに耳をふさぐのがいい?

考える2
歌いながら自分の声が聞けないと音程が外れてしまします。

そうすると、カラオケと音があっているかどうかも判断できませんし、自分がイメージした声が出ているかもわかりません。

響く声が上手く出せない人にとっては、カラオケにのって歌うというのは自分の声がわかりにくくなります。

大きな声を出そうとするとが力んでしまって、思ってもいない音程の声が出ていることもあります。

そんな時は、片耳の穴を指でふさぎながら歌うことをおすすめします。



骨を伝わって自分の声がダイレクトに聞こえてきますから、イメージした声で歌えているかどうか、自分で判断することができます。

聞きながら声を出すことで、「高い声はこんな感じでだす。」とか「思ったよりも音の跳躍が少なくていいんだな。」ということがわかるようになってきます。

はじめは、自分の声を聞きながら歌うということが、難しいかもしれません。

けれども、リアルタイムに聞きながら、修正する癖が付いてくると、カラオケの伴奏を聞きながら、合わせることも上手くなってきます。

音程だけでなく、カラオケに遅れてしまうようなテンポのズレも良くなりますよ。



この、自分の声を聞きながら歌うトレーニングとしては、「バケツをかぶると良い。」という人もいます。

狭い空間の中で、自分の声のはね返りがわかりますから、響きのある声を作るのに役立ちます。

声量が出ない人の特徴は、声に響きがないことですから、上手く響かせる感覚をつかむのにバケツをかぶる方法もよいでしょう。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大