ボイストレーニングをピアノ伴奏で楽しむ2つの方法

歌が大好きでカラオケに通う人も多いと思います。

カラオケでは、バックにオーケストラの音楽が流れていて、音響も良いので、自分で自分の歌に酔いしれることができます。

バックに歌を支えてくれる音楽が流れていると、音程もとりやすいし、自分の歌を引っ張ってくれます。



でも、カラオケでは、流れている音楽はいつもきまっており、自分の歌に合わせて伴奏をしてくれるわけではありません。

それどころか、カラオケの音楽に合わせて歌わないといけないのです

アカペラで1人で歌うという人は、少ないと思います。



よっぽど音程もしっかりとれて、歌が、上手でないとアカペラで楽しむのは、ちょっときついですよね。

バックで自分の歌を引っ張ってくれる音楽があるのとないのでは、まるきり歌の楽しみ方が変わってきます。

ピアノ伴奏は、歌に合わせて、伴奏をかえれるというメリットがあります。



カラオケだったり、CDに合わせて歌ったりするのとは違い、歌に合わせることもできるし、歌を引っ張ってくれることもできる、それが、ピアノ伴奏の魅力だと思います。

ピアノ伴奏には、自分で弾き歌いする方法もあるし、だれかほかの人に弾いてもらい、合わせて歌うこともできる2つの方法があると思います。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

誰かにピアノ伴奏をしてもらいボイストレーニングをしよう

1人でアカペラで歌うのとは、違い、ピアノ伴奏の音とともにボイストレーニングをするのは、とても楽しいです。

ピアノの音に合わせて歌えれば、耳から入ってくる音程もしっかりとれます。



また、リズムもピアノ伴奏に合わせて、のって歌えるのもピアノ伴奏の良いところです。

ピアノ伴奏は、ピアニストによって、どんどん歌を引っ張ってくれるというメリットもあります。

ピアニストのおかげで、自分の歌が100パーセント以上の力を出して楽しめることも可能です。

ピアノ伴奏にどんどん引っ張られて、歌の潜在能力をぐいぐい引っ張りだしてくれるかもしれません。

歌に合わせて、いろいろなハーモニーをつけてもらえ、いろんな伴奏で歌うことができるのは、とても楽しいことです。

適当に一人で歌うのとは、違い、音のコントロールもしやすくなるのがピアノ伴奏の魅力の1つだと思います。


ピアノ伴奏をしながら歌ってみよう

ピアノ伴奏をしながら、歌うというのは、いわゆる弾き歌いです。

ピアノ伴奏をしながら、歌うことはちょっと難しいと思っている人もいるかもしれません。



でも、1人で弾くピアノ伴奏は、難しい伴奏をしなくても大丈夫です。

コードだけを抑えるような、弾き方でも充分だし、アルペジオにしたり、音を伸ばしていてもかまいません。

ピアノ伴奏があるだけで、歌に潤いが出てきます。

自分の声に合わせながら、ピアノ伴奏をすれば、1人で、2人分の音楽が出来上がります。

弾き歌いすることで、音楽に広がりが生まれ、音楽の幅が広がっていきます。

音程やリズムもピアノ伴奏に合わせて歌えば、確実に取れると思います。

ピアノ伴奏も自分の歌いたいように変えることができるので、それもまた、楽しいかもしれません。


まとめ

ピアノ伴奏でボイストレーニングをすれば、音程がとりやすくなり、音が安定すると思います。

リズムも、ピアノ伴奏で引っ張ってくれるし、ピアノ伴奏が助けてくれると思います。

いろいろな形のボイストレーニングの方法がありますが、ピアノの音に合わせてするボイストレーニングでは、ピアノの音を聴くことによって、より音楽性の高い練習ができると思います。

伴奏なしでのボイストレーニングとは違い、ピアノの音を聴きながら歌うことは、やはり、音楽の幅も広がっていくし、より、豊かな音楽性を身につけれるのでは、ないでしょうか。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする