音痴を腹式呼吸で直す2つの方法

自分は、音痴だから、人前で、歌うことは苦手だという人は多いと思います。

でも、音痴だから、歌が下手だから、カラオケには行きたくないと思っていても、仕事上の付き合いであったり、飲み会の二次会であったりどうしても避けては通れないことも多いと思います。

そんな経験がある人も、腹式呼吸の仕方をマスターすれば、音痴から、脱却できる日も遠くはありません。



私たちが日常、呼吸しているのは、ほとんどの場合胸式呼吸と言われる呼吸法です。

スポーツをしている時、身体を動かしている時、日常会話している時の呼吸は、胸式呼吸です。

この呼吸法は、息を吸った時に、肩が上がっている呼吸です。

胸式呼吸では、息のコントロールがむずかしいため、この呼吸法で歌を歌えば、地声になったり、声がかすれたり、声が裏返ったりします。



また、音程も甘くなりがちで、音を外しやすいです。

音痴の人の多くは、胸式呼吸をしながら、歌っています。

声が安定しやすく、声量も増す、腹式呼吸を覚えることで、音痴から、逃げ出すことが、できますよ。



腹式呼吸は、息を鼻から吸い込み、口からゆっくりと吐き出す呼吸法です。

息を吐きだす時は、息を吸う時の2倍くらいの時間をかけて吐き出します。

息を吸い込む時には、お腹が風船のようにゆっくりと膨らんでいきます。

息を吐きだす時は、お腹が、少しずつへこんでいきます。

ゆったりとリラックスして呼吸します。

肩の力は、抜けているので、肩は上がったり、下がったりという動きはありません。

繰り返し、練習してみましょう。

腹式呼吸を覚えると、声を支える感覚が次第にわかってきます。

息をコントロールすることができるようになり、声が裏返ったり、地声で歌うことが無くなります。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

腹式呼吸で音痴を直す方法その1 ロングトーンをしてみよう

腹式呼吸をすると意識がお腹の方にいきます。

お腹の上に軽く手を置き、ゆっくりと鼻から息を吸い込みます。

息を吐きだすときに、マーと声を出し、伸ばします。

息を完全に吐ききるまで、声を出し続けます。



次に呼吸するときは、マーの音程を少し上げてみます。

それを繰り返してみましょう。

ロングトーンを練習することで、息のコントロールがしやすくなります。

音程のブレや、声が裏返ったり、かすれたりすることが、なくなってくると思います。


腹式呼吸で音痴を直す方法その2 息を短く吐き出してみよう

身体の力を抜き、リラックスした状態で、お腹の上にそっと手を置いてみます。

息を鼻から吸い込み、吐き出すときに、ハッハッハッと声を短く切りながら、発声してみます。

お腹と横隔膜が動くのを感じることができたでしょうか?

息を全部吐き出したら、今度は音程を変えて、ハッハッハッと息が全部なくなるまで、声を出してみます。



この発声は、腹筋も鍛えることができます。

これを繰り返すことにより、音域が広がり、今までよりも高音、低音が出るようになると思います。


まとめ

自分は、音痴だと思っていると、音楽から、離れたいとか、歌いたくないと消極的になる思いますが、歌が歌えるようになれば、自分自身も音楽が大好きになり、より積極的に音楽に接することができるようになります。

音楽は、音を楽しむと書きますが、まさに音楽の楽しさに触れることができるようになります。

音楽が大好きになれば、もっと目の前に広がっている世界が、大きくなると思います。

音楽を楽しむことは、とても素晴らしいことですよ。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする