高音が割れてしまう人への2つの秘訣

自分では、いい調子に歌えていても、高音になると、声が出にくいとか声がかすれるとか、声が割れるといった経験はありませんか?

歌が苦手な人からしてみれば、充分に歌えていると思えるけれど、そこそこ歌えるようになれば、歌に対する思いや、部分、部分に不満や疑問を抱いてくるものです。



その部分さえうまくクリアできれば、もっともっと歌が上手だと思われるはずです。

どうして高音になると、声がかすれて、声が割れるのでしょうか。

やはり、歌っている時、地声であったり、大きな声で歌っていると、高音が割れてくるものです。



喉に負担を与えており、喉を傷める原因の1つにもなっています。

そういう人のほとんどは、喉で歌っている喉声なのです。

喉声のほとんどの人は、胸式呼吸で歌っています。

肩が上がったり、下がったりしてはいないでしょうか?



腹式呼吸をしていれば、肩が動いたりは、ほとんどの場合ありません。

しっかりとお腹で呼吸する腹式呼吸をしてみてください。

大きく鼻から息を吸い、お腹がぺったんこになるまで息を吐ききる呼吸であれば、喉には、余分な力は入らないと思います。

身体の余分な力を抜き、リラックスして歌ってみましょう。



また、同時に腹筋や背筋をを鍛えることも大切です。

しっかりバランスよく筋肉をつけてみましょう。

そして、喉や肩のまわりに力を入れるのではなく、お腹の力を使って歌うことを意識してみましょう。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

ハミングをしてみよう

ハミングは、お腹あたりや横隔膜あたりを意識するには、もってこいの練習方法です。

喉声では、ハミングはできないのです。



歌う姿勢も、背中が曲がっていたり、丸くなっているとハミングは、できません。

歌う姿勢も背筋をまっすぐにし、正面を見るようにしっかり立ってみます。

肩や、喉には、余分な力を入れないで、身体中の力を抜き、リラックスして立ちます。

鼻から大きく息を吸い込み、鼻に響かせるようにしながら、ンーと伸ばしてみます。

お腹あたりを意識してください。



次に、ハミングができたら、息を大きく吸い込み、少しずつ息を吐きだしながら、マァーと伸ばしてみます。

これを繰り返してみましょう。

意識は、喉のあたりではなく、お腹のあたりにいっていると思います。


自分の音域を把握してみよう

この曲が好きだからとか、どうしてもこの歌を歌ってみたいと思っていても、実は音域が合っていないこともよくあります。

高音が割れる人は、できれば、あまり高音の多くない曲を選曲することも早道なのかもしれません。

自分の音域を知る上で、自分の声を録音して聴くのも方法の一つですが、発声で音域を知ることも良いと思います。



腹式呼吸をしながら、息を吐きだすときに、アーと声を出してみます。

そして息を吐ききったら、今度は、音を少し上げアーと声を出してみます。

少しずつ音程を上げていくことで、自分の音域を知ることができます。

この音までなら歌えるということを自ら自覚することで、音域のあった曲を選ぶことができます。


まとめ

高音が割れる人も、喉声で歌うのではなく、腹式呼吸を覚え、リラックスして歌えば、随分、高音まで声が響くようになると思います。

高音が出るようになれば、自分の音域も随分広がっていくことでしょう。

高音が出ることは、やはり、歌が、上手に歌えているということです。



自信を持って、歌ってみましょう。

きっと、周りからも一目置かれることは、まちがいなしです。

何よりも今まで以上に歌うことが好きになると思います。

そして歌への思いが、変わってくるはずですよ。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする