音痴を治す発声の準備体操

カラオケでは何の準備もしないまま、いきなり歌い出すことが多いですよね。

ウォームアップなしでは、本調子で歌えません。

良い声を出すために、練習のときには発声のための準備体操をしましょう。

のどまわり、アゴをほぐして歌うと、音痴を治すのに効果抜群です。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

下アゴを自由に動かして音痴を治す

口を開けるときには下アゴを下げるようにします。

上アゴをあけると、のどが締まってしまうからです。

耳たぶの下に、アゴのつけ根があります。

下アゴを上下させて、アゴのつけ根を確認してください。



アゴのつけ根より上が頭蓋骨の上半分になります。

頭蓋骨の上半分はあまり動かさず、安定させてください。

下アゴをあけることにより、のどをあけたまま口もあくようにします。

下アゴのあけ方を調節して、発音や声の響きをコントロールすることは、歌う上でとても重要なポイントです。

上アゴは安定させてリラックス、下アゴは付け根から自由に動かせるように。

歌う前に下アゴを下げてみて、口のあき具合を確認してください。



ムンクという画家の「叫び」という絵を見たことがあるでしょうか?

ほほに手をあて、口をたて長にすごくあけている人の顔が描かれている絵です。

実際に歌うときにはここまでやりませんが、口をたて長にあけている「ムンクの絵」の人くらい、下アゴがしっかり動くようにしておくと余裕です。

「ムンクの絵」のような口の形ができる人で、音痴な発声をしている人は見かけたことがないので、この口のあけ方はひとつの目安になるでしょう。


斜めに走っている首の筋肉を動かす

首には真っ直ぐで短い筋肉のほか、長くて斜めに張られた筋肉がくっついています。

首の筋肉が硬直せず自由に動いていることが、声をコントロールさせるのに大切なポイントです。

首の運動は学校の体操で習ったものと同じ、基本の動きで構いません。

首を上下に動かす、横に動かす、左右を向いてみる。

最後に首をぐるぐると回してみてください。反対回りもです。



カラオケに役立つ首の体操をひとつ、ご紹介します。

まず、上を向いてください。

次に、軽く口をあけます。

唇をつけたり離したりして、パクパクと繰り返します。

のどの筋肉が上下にのび縮みしますよね。

このたての動きは、歌うときに細かな動きをたくさんしてくれる、大事な筋肉です。

顔をまっすぐに戻してください。

先ほどの「上下に動く首の前の動き」が、上を向いたときよりも感じにくくなってしまいます。

でもどの筋肉を使うのか体で覚えているので、下アゴの動きとともにリラックスした状態で自由に動かせるようにしておいてください。

発声のよい人は、下アゴから首回りの筋肉の動きがスムーズなので、この準備運動で音痴を治すことが可能です。


まとめ

アゴの使い方とのどの使い方で、声の出し方の大半が決まってしまいます。

アゴとのどの筋肉の位置を治すと、発声も一緒に良くなります。

音痴で悩んでいる人で、もし「下アゴ」「首」の筋肉について無関心だった人は、この準備体操でしっかりほぐしてみてください。

アゴや首の動かし方を知り準備体操に生かすことが、発声が整って音痴を治すきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする