音痴を治すために必須な「高音のコツ」とは?

音痴がカラオケで一番怖いのは「高音」。

変な声になる、裏返る、音程ずれる、悲鳴にしか聞こえない、おまけにノド痛い(泣)

高音の場所が気になって、大丈夫な所まで楽しく歌えない…なんてことありませんか?

この記事では、音痴を治すために必須な「高音のコツ」を探ります。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

「発音」の特徴を知ることで「高音音痴」を治す

「高音」が怖いと感じる「高音音痴」を克服していきましょう。

地声より高い声は、必ず「裏声」を使って出します。

裏声でも、出せる声の高さには限界があります。

高音の限界点で発声するとき、発音によって声を出しやすい発音と出しにくい発音があります。

「いつもならこの高さの声出せるのに、何だか出しにくい」と感じたときには、「発音」をうたがってみてください。


音痴でも高音を出しやすい「オ」と「ア」段

高音の声を一番出しやすいのは「オ」段です。

「オ、コ、ソ、ト、ノ…」が「オ段」の仲間ですね。

「モ」が最も発音しやすいので、歌の発声練習に使われたりします。

「ア」段も高音を出しやすく響きもよいので、歌のサビでもよく使われたりします。

「エ」段も、高音で比較的大丈夫なことが多いです。


高音音痴を治すために注意する母音、「イ」段と「ウ」段

「イ」段は高音になると発音しにくくなります。

口を「イ」の形にするとのどがしまりやすくなり、出した声のコントロールが難しくなります。

高音に「イ」段、「イ、キ、シ、チ、ニ…」が出てきたら、「エ」の口の形のままで「イ」に聞こえるような練習をしてみてください。

たとえば、「ミー」と伸ばす高音があったとします。

「ミ」とはっきり発音することを避けて、「メー」で声を伸ばしてみます。

「メー」と伸ばしながら「ミー」に聞こえるように、舌の両端をわずかに持ち上げて調整してみてください。

「ウ」段も高音が出しにくいので、「オー」と伸ばしながら「ウー」に聞こえるように調整します。

この時、くちびるのつけ根やほほを少しすぼめると、「オー」の口で「ウー」と聞こえます。


まとめ

高音が出しにくいと思ったら、その音の歌詞が「アイウエオ」のうちどの母音になっているかを確認してください。

イ、ウの出しにくい母音の場合は、口の形を工夫することによって、高音の出しにくさを治すことができます。

短い高音なら何とかなっても、ロングトーンになると音痴でなくてもキツイと感じます。

「声がきつくなったらオ、アの段の口の形を作ってみて、ほかの母音を発音する」を心がけて、高音音痴を治すようにしてください。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする