子供の音痴は何才までに治すべき?

うちの子供が音痴!みんなと一緒に歌うときに何か言われたりしないかと、気になりますよね。

子供の音痴はいつ治すべきなのかどうか、考えてみたいと思います。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

子供の音痴は何才までに治すべき?

結論からいうと、小学校高学年になるまで様子を見ていて大丈夫です。

男の子はもちろん、女の子にも「変声期」があるからです。

発声器官が完成していないのだから、見守る姿勢も必要です。

歌の音程など細かいことよりも、音楽が大好きな子供に育てましょう。

何がなんでも音痴を治すことを希望するなら、お子さんを児童合唱団に入れるのがおすすめです。

音痴が治るどころか、一生歌うことに困らない素晴らしい声を手に入れることが可能になります。


子供の音痴を治すまでに親ができること

お子さんに音楽的な環境を与えるのが大事です。

おもちゃレベルで電池式のキーボードで構わないので、何か楽器が家にあるといいですね。

自分で操作して思い通りの音を出す経験を、子供の頃から積み重ねると音感がつきます。

音楽教室に通わせるのは、音痴の予防に有効です。

ピアノやエレクトーンなど楽器演奏の他に、簡単な歌の指導をつけてもらえる場合もあります。


学校の音楽の授業を上手く使おう

小学校、中学校の義務教育期間は、毎週「音楽」の授業を受けられます。

せっかく学校で基礎教育を受けられるのですから、音楽の授業が身に着くようおうちでフォローしてあげましょう。

学校での歌と言えば「合唱」ですが、お子さんのパートを家で一人で歌わせてみてください。

あまりに音痴なようなら、家で毎日一緒に歌ってあげるとよいでしょう。



合奏では楽器の割り振りをしてパートを与えられますが、どんな楽器でどんな演奏をしているのか、家で音楽の話を家族でしてみてください。

年1回の音楽発表会は、できるだけ見に行ってあげましょう。

子供の歌、楽器の演奏に関心を持って見守ってあげてください。

音楽の教科書をあまり使わない学校もあるかもしれませんが、楽譜の読み方を一緒に勉強すると音楽の素養を高める効果が上がります。

小学校の内容ならおうちの方は簡単に教えられるので、本の読み聞かせと同じように一緒に歌を歌ったり音楽鑑賞をしたりしましょう。


まとめ

子供の音痴は小学校の間は気にしなくて構いません。

どうしても音痴が気になる場合は、楽器を習わせたり合唱団に入れたりすることがおすすめです。

学校の音楽の授業を利用して、音楽の素養を高められます。

お子さんと一緒に歌ったり音楽鑑賞をして音楽大好きな子供に育てることが、将来的な音痴を治すのに最も有効なポイントです。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする