音痴で声が出ない人が別人のように声を響かせる方法

音痴改善 特訓
歌は嫌いじゃない、カラオケに誘われたら行ってもいいかなと思う。

でもすごく音痴だし、そもそも声を出そうと思っても声がよく出ない。

こんな悩みを抱えている人が最近増えています。

カラオケで気持ちよく声が出ない人のために、「別人のように声を響かせる方法」をお届けします。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

大きい声と響く声の違いは?

音の大きさはデシベル(dB)という単位で測ることができます。

値が大きくなると、どんなに素敵なはずの音楽も、たちまち「騒音」になってしまいますよね。

大人数で歌っている合唱や大勢で演奏しているオーケストラでも、音の大きさ自体はそれほど出ているわけではありません。

一人で歌う場合には、声の大きさよりも「声の質」が、歌のうまさを左右します。

声の質をよくするために、響く声作りをし、響かせ方のコントロールができると、声が出ない苦労とはサヨナラできます。


声を共鳴させる仕組み

私たちの体は骨で組み立てられ、筋肉でつながれています。

そして胴体から頭蓋骨までの間に何か所も、声を共鳴させるのに好都合な「空洞」が備わっています。

胴が膨らんだ壺、大きいガラスびんの口に向かって声を出し、共鳴させて「ぶぉーっ」と響かせるような感じを、想像してみてください。

そのような壺やビンと同じように、人間の体の空洞部分を使って声を共鳴させることができます。

わかりやすいのは口腔、鼻腔への共鳴です。

のどを楽に開け、鼻の奥の鼻腔の位置を確認します。

のどの筋肉の位置を微調整して、声を響かせていく感じです。

「アー」「オー」で最初は練習してみてください。

「ウー」は鼻腔に響かせる感じをつかみやすいです。

「イー」「エー」は響きが出にくいので、慣れてからにしましょう。

自分が音痴であると感じる原因は音程がずれていることの他に、声がイマイチだということが多いです。

声の響かせ方がわかってくると、音程が少々ずれていても、音痴には聞こえないのが不思議なお得感です。

共鳴させた声を増幅させよう

響きのツボに当てた声は、下半身の支えによって増幅させることができます。

歌うときには上半身しか使っていないように見えますが、下半身の体の支えが響く声を作るのにはとても大事です。

声の出し方に「支え」を感じることができると、声に一本の芯が通って、音痴に聞こえない歌い方ができてきます。

下半身の支えをしっかりさせるやり方のひとつは、座ったまま歌うという方法です。

座った方が腰が安定するので、支える感覚がつかめない時には楽に腰を張ることができます。

カラオケボックスでも座ったまま歌う機会があると思いますので、座ったまま腰を安定させて歌ってみてください。

もう一つのやり方は、後ろの壁に背中を寄りかからせて歌うという方法です。

壁を押すことにより体が安定し、いつもより踏ん張ることで、いつもは出ないようなしっかりした声を出せるようになります。

大きい声…というよりは「よく響く張りのある歌声」で歌ってみたい人は、壁に寄りかかって押す反動の力を借りて、声を響かせる支えを作ってみてください。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする