声が裏返るのを治す唯一の方法

音痴改善成功
カラオケで高音が上手くのびず、声が裏返ってしまう。

そんな悩みを持っている人はいませんか?

もし裏返ってしまう声が「地声」だとしたら、それは元々「裏声で出すべき高さの声」なのです。

サビの高音は曲の中で一番目立つ部分なので、声が裏返ってしまったらそこまで歌った努力が水の泡になってしまいますよね。

この記事では、「声の裏返り」を確実に治す方法をお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

裏返る声は元々「裏返るべき声」

いい声をした歌手がテンションの高い地声で「ア~-…」とハイトーンを伸ばすの、カッコいいですよね。

カラオケの時に、同じように真似したくなるのも無理はありません。



でもそれをやって大丈夫なときと、マズイ時があります。

歌手が地声のハイトーンで高い音を伸ばしているとき、それはその歌手にとって、ぎりぎりハイトーンで歌える高さなのです。

人によって、ぎりぎり地声で歌える高さと、裏声にしないとひっくり返ってしまう高さの「境目」は、微妙に違います。

境目の高さに近づくほど、声をコントロールする技術がない場合には、声が裏返ってしまいます。

裏返るべき高さの声をきちんと裏返すことで、勝手に声が裏返ってしまう困った症状を治してしまうのが早道です。


裏返る声の高さを知ろう!

男性、女性で違いますが、地声から裏声に切り替えた方がよい高さは、だいたい同じです。

まずは自分の声がどの高さから裏声に切り替わるのか、知っておきましょう。

「ア~~」など何でもいいのですが、低い声からドレミ・・・と一音ずつ、地声で上がっていくように声を出してみてください。

地声でのどがきつくなる2~3音あたりからは、裏声で出した方が楽に出せます。

「こんなキモイ声カラオケで使えない!」というのが現実なので、カラオケに合う声質に治していきます。


裏声に慣れたらミックスボイスに挑戦しよう!

ミックスボイス、またはミドルボイスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは裏声に地声の歌い方を一部混ぜたような歌い方をすることで、裏声っぽく聞こえない高い声を出すという方法です。

カラオケで歌う曲で高い声は、ミックスボイスに慣れてくると楽しく歌えるようになります。

ミックスボイスは「裏声」ができるのを前提で習得するので、声が裏返るという症状は治ります。

高い声を裏声ベースを使って出しているからです。

ミックスボイスは、合唱部の人のような裏声を出しつつ、発音をはっきりさせたり声の響きを前に持ってくるような感じで、力強い声になるよう工夫して作っていきます。

慣れないうちは声帯に負担をかけることもあるので、のどを楽にすること、長時間練習し過ぎないように心がけてみてください。


まとめ

曲の後半の高い音をほとんどミックスボイスで歌うということも、曲によっては珍しくありません。

声の裏返りが治ると、カラオケをするのが怖くなくなります。

裏声やミックスボイスを習得して、高音ボイスを出せるようにしましょう。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする