カラオケで音程が半音ずれるのを治す方法

音痴改善
カラオケで音程が半音ずれてしまって悩んでいる人が続発しています。

気づいたら曲の全部で半音ずれてるよ!なんて言われたり・・・

この記事ではカラオケで半音ずれてしまう理由をさぐり、どんな練習をしたら正しい音程で歌えるようになるのか考えてみたいと思います。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

半音ずれる理由

学校の音楽の授業で教っている内容なのですが、音楽には3つの要素、リズム、メロディー、ハーモニーというものが存在します。

リズムはカラオケでは一定のテンポで進むのでいいとして、メロディーとハーモニーについて考えてみましょう。

カラオケの曲の全ての曲には、メロディーだけでなく、「ハーモニー」が存在します。

「ハモること?」と思われた方も多いと思いますが、ここでいうハーモニーとはカラオケの自分の歌パートだけでなく、カラオケの伴奏パートと歌パートがミックスされた全パート合わせたハーモニーのことをさします。

カラオケの「オケ」は、「オーケストラ」のオケなんです。

カラオケが始まる前に、伴奏の音楽が流れてきますよね。

あれはオーケストラ演奏の録音なのです。
当然のことながら音楽のプロ集団による合奏で、伴奏の中にしっかりハーモニーが含まれています。

私たちがカラオケで歌うメロディーも、カラオケの伴奏ハーモニーの一部として、組み込まれると「音程が合った」と言われる歌い方になれるんです。

歌だけならぴったり正しい音程だとしても、伴奏のカラオケオーケストラと半音ずれてしまったら、「ずれてるよ」と言われてしまうわけなんです。

ようは、伴奏に合った音の高さで歌えるようになればいいんです。


半音ずれている場合の練習法

半音ずれて歌ってしまう人には、簡単で効果的な練習方法があります。

それは「サイレント・シンギング」という方法です。

音楽教育の場でも実践されていて、「声に出さずに心の中で歌ってみる」という方法なんですよ。

本を読むとき、声に出して音読したり、声に出さずに黙読したりします。

その音楽バージョンといった感じです。

歌手の歌が入っていない伴奏だけのでやった方がいいです。

「カラオケの伴奏のハーモニーをよく聴く」に気をつけてみてください。

ハーモニーは響きの固まりみたいなものなので、難しく考えなくても大丈夫です。

歌パートを心の中で歌うときに、伴奏のハーモニーにずばりとはまる音程が、徐々に見つかっていきます。

音程が変わるたびに、伴奏ハーモニーの中に自分の声をはめ込んでいく感じです。

この「音程がハマる感じ」がつかめてくると、伴奏のハーモニーに合わせて歌えるため、半音ずれて歌うこともなくなってきます。


まとめ

半音ずれるというのは、歌っている人の音感が悪いわけではなく、「ただ伴奏を聴いていないだけ」ということが多いんですよ。

心の中で音程がハマる感覚をつかんでから、声に出して同じように歌ってみましょう。

声に出して歌うときにも、伴奏のハーモニーをよく聴いてくださいね。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする