音痴と半音ずれ

Cartoon female singer with microphone
友人や職場仲間などとカラオケに行った時、「うまく歌えているはずなのに何故か周りの反応が微妙・・・」、「あれ? 今のサビの部分は結構自信あったのになぁ・・・?」といったような経験をされた方はいらっしゃらないでしょうか?

音痴な人は半音ずれていることが多い

実は音痴な人の歌声は半音ずれていることが多いです。

自分ではうまく歌えていると思っていても、インプット(音程認識)とアウトプット(発声)にずれが生じていたり、そもそもインプット(音程認識)の時点で半音ずれてしまっているということもあります。

半音というと大したことのない差のように見えますが、人間の耳というものは非常によくできているため、半音ずれているだけでも結構違って聞こえてしまうのです。

そこで、今回はこの半音ずれの対策法についてお話ししたいと思います。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

半音ずれを防ぐためのステップその1「腹式呼吸で歌うようにする」

今まで何度も言ってきていますが、腹式呼吸で歌うようにしましょう。

腹式呼吸で歌うようにすると、喉ではなくお腹で無理なく歌えるようになるため、発声がずれにくくなります。

喉を痛めにくくすることもできるため、歌い疲れによる半音ずれも防ぎやすくなるでしょう。


半音ずれを防ぐためのステップその2「自分の歌声を録音して聴いてみる」

腹式呼吸を意識しながら歌い、自分の歌声を録音してみましょう。

そして、それが本当に音程と合っているかどうか、自分が出したい音程と合っているかどうかを確認してみましょう。

自分の声を聴くという機会はなかなか無いと思いますが、思っているものと結構違うことが多いのです。

仮に全然違っていたとしても落ち込む必要はありません。

これから治せばいいんですからね。

「自分の声を聞いてもいまいちよくわからない!」という方は、他人に感想を言ってもらうのもいいかと思います。


半音ずれを防ぐためのステップその3「正しい音程で歌えるようになるまで【録音→確認】を繰り返す」

自分の歌声を実際に聴いてみて思うところがいくつかあったのではないかと思います。

「ここはちょっと低いな」とか「ここはもうちょっと伸ばして歌わないとな」とか、そういった部分があったらそれを正して歌ってみましょう。

そしてそれをまた録音して、うまく歌えているかどうか確認する・・・これを繰り返せば歌がうまくなるはずです。

それでもなかなか改善しないなという方は、インプットの時点でずれてしまっているのかもしれません。

そのような方は自分が歌いたい曲を何度も何度も繰り返しよく聞いてみることにしましょう。

「ドレミファソラシド」や「ドシラソファミレド」の音階をひたすら聞くという手法もありです。

音楽と触れ合う機会を増やして、脳に正しい音階を記憶させればインプット能力も向上します。

インプット能力が身についてきたと思ったら、実際に自分の歌声を録音し、確認してみましょう。

要はしっかりとインプットができるようになったうえで、インプットとアウトプットをイコールに近づけることができれば音痴は改善するということですね。

歌に自信がある人も、一度自分の歌声を録音して聞いてみるといいかもしれません。

何か新しい発見があるかも?

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする