歌唱力のある人とない人の違い

Cartoon female singer with microphone
近代化が進んだこのご時世、1日に1回は歌を聴く機会がおありなのではないかと思います。

それはテレビだったり、カラオケだったり、youtube等の動画サイトだったりと。

たまにオペラなどの歌を聴くと、その歌唱力に圧倒されたり、うっとりしてしまうこともあるのではないでしょうか?

また、それとは逆にすごく音痴な方もいらっしゃるというのも事実です。

・・・そもそもどうして人によって歌唱力に差があるのでしょう。

今回は歌唱力のある人とない人の差についてお話しさせて頂きたいと思います。



歌唱力のある人は「音域」が広い

歌唱力のある人は音域が広いです。

音域が広いというのはどういうことなのかと言いますと、どこまで高い声が無理をせず出せるか、どこまで低い声が無理をせず出せるかという、その範囲が広いということです。

表現できる音の数が多ければ多いほど自分の歌にバラエティーを持たせることができるため、音域が広いと歌をうまく歌える可能性が高まります。

それとは逆に、音痴な人はこの音域が狭いことが多いです。



歌唱力のある人は「息継ぎ」がうまい

歌唱力のある人は息継ぎもうまいです。

うまく息継ぎができると歌いやすくなるだけでなく、先程述べた音域も広げやすくなるため、歌をうまく歌いやすくなります。



歌唱力のある人は「リズム感」がある

リズム感は歌唱力に直接的に関連するかと問われたらちょっと違うように思えますが、やはりリズムにうまく乗れることは重要です。

自分がどれだけその歌を理解して歌えているか、どれだけ音楽に合わせて歌えているかという一体感が声をより引き出すため、うまくリズムに乗れることも歌唱力が高い人の条件と言えるでしょう。



歌唱力のある人は「歌が好き」

「そりゃあ歌唱力があったら歌が好きでしょう!」と思われる方もおられるかもしれんが、それは少し違います。

というのは、「歌が好きだからこそ歌唱力が高まった」という可能性が多いに考えられるからです。

人間は成長する生き物なので、個人差はあれど歌を歌う機会が多ければ多いほど歌がうまくなります。

その機会を増やしているのが「歌が好き」という動機づけからきている側面もあるので、歌自体が好きであるという要素は極めて重要です。

それでは音痴な人は歌が嫌いなのかと問われますと、これも違います。

というのは、「歌が好き」という条件は満たしていても、上に挙げた他の3つの要素(音域が広い、息継ぎがうまい、リズム感がある)がうまく満たされていないことが多いからです。

「歌は好きなはずなんだけど歌唱力はないなぁ・・・」という方はこの3つを見直してみてはいかがでしょうか?



以上、歌唱力のある人と音痴な人の違いについてでした。

普段何となく「自分には歌唱力なんて無いや・・・」と諦めていた方も中にはいらっしゃるかと思いますが、そういう方はまず歌を歌うこと自体を楽しむようにしてみましょう。

歌唱力のあるなしについて考えるのはそれからです!

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大