音程が一定で抑揚がない

singen 音痴な人の特徴として、音程が一定になってしまって、抑揚がないということがあります。

いくら色んな練習方法を試してみても、音痴を治すことができないと嘆いている方は、まず自分の音痴のスタイルを知ることから始めましょう。

音痴の人を治す事ができない人のなかで、音程が一定で、抑揚がないために、曲なのか、ただしゃべっているのかわからない歌唱方法の方がいます。

音程が一定になってしまうのは、音程をしっかり取れないことが原因で、音痴を治す事ができないことが多いのです。


スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

お経のような歌唱を治す

時折、カラオケでお経のような歌唱方法で音痴な人がいます。

なんとも言えない、歌のような言葉をしゃべっているだけのような歌を歌う人というのは、どうしても音痴に聞こえてしまいます。



まず、このタイプの歌唱方法をする人は、音痴を治すために、何度も曲を聴くことはもちろんのこと、抑揚をつけるようにするとよいでしょう。

音程を意識することができればパーフェクトなのですが、まずは曲をよく聴いて真似てみるという練習方法で音痴を治すのはどうでしょう。


音痴を治すにはメリハリを

音痴を治す方法として、歌うときにメリハリをつけることを意識するとよいでしょう。

歌唱にメリハリを付ける方法として、高い部分と低い部分のコントラストをつける、盛り上がりとその前で歌う声の大きさを変えるという方法があります。

音痴を治すためには、音程の取り方も大切ですが、ブレスの仕方も非常に大切なのです。

ブレスをしっかりして、メリハリある抑揚をしっかりつけた歌唱方法、例えるならば演歌のように強弱をしっかりつけることも大切です。

スポンサーリンク
sing-lifeレクタングル大

sing-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする